2011年03月16日

インターネットについて

前の記事で「私事で一記事使うのやめます!(キリッ」とか書いてた直後に書くのもなんですが、最近ちょっと気になることがあったのでちょっと。

えーっと、なんかtwitterとかやらないようにしてた意味ないじゃねーかと言われると思いますが、実は昨年の4月頃にmixiに登録していました。そして、卒業してすぐに退会しました。
登録に紹介が不要になったこととか、あとは友人がやっていて気になった、というのが主な理由です。
ただ、登録して友人のプロフィールページなんかを見てとにかく驚きました。
登録の際に氏名を入力する必要があって、みんな普通に自分のフルネームを、中には漢字でしっかりと登録している人もいますから、もう個人情報がダダ漏れの状態なんですね。
自分はなんか苗字と名前は本名でない物を、適当に入れておきましたが(それもどうかと思いますが)、基本的に全員が名前をフルネームで登録、全体に公開という形をとっていました。
その上、自分の所属高校から部活、予備校といった細かな情報までもが載っていて写真を公開している人もいるわけですから、もう特定などというのはすぐに行われてもおかしくない状態です。
と、このように自分の情報だけならまだいいのですが、中には自分以外の人の名前はまだしも写真などを恐らく本人に断りを入れずに掲載しています。実際、自分も何枚か勝手に上げられていました。

この人たちは、自分の個人情報をウェブ上に晒すことに抵抗はないのかなあ、と常々気になっています。
自分の話を少しさせてもらうと、初めてインターネットに触れたのは恐らく小学5年生の総合授業か何かの時だったと思います。その時に教えてもらったことで今でもしっかり覚えているのは「インターネットに自分のことをあまり簡単に公開してはいけない。何故なら世界中の人に簡単に知れてしまうから。」といった、多少大袈裟かもしれませんがこういった内容です。そしてこれは授業の度に言われていました。(多少うろ覚えですが)
こうしたことを学び、その後家にインターネット環境が備わってから、ハンドルネームというものの存在を知りました。今でいうBOSSという名前のことですね。
現在、インターネットは急速に普及し、殆ど誰でも使えるまでに発展しました。
そんな中増えているのが先ほどのような自分の個人情報を安易に出してしまう人なわけです。
利用が簡単になれば発信するのも簡単になります。しかしそれと同時に他の人が情報を見ることも容易になります。
だから今のような状態というのは、正直どうかなあ、と思ってしまうわけです。
現在それがわかりやすく表れているのがtwitterです。最近始めた人の多くは自分の所属大学だとかを出してる人が多く見受けられます。
あとなんか自分をフォローしてる人の中にそういった類の人物がおりまして、辿ってみれば(この行為はどうかと思いますが)まあ先日自分の本名、卒業した高校の名前及び第何期の人なのかをプロフィールページに書いていて、そうでなくても発言の内にそういった情報を出す人が少なくとも10人以上はいたと思います。
中にはmixiとの差別化を図っていると言う人もいうのですが端からみたら何も変わらないんですよ。馴れ合いが激しいという面も含めて。
はっきり言って僕よりも勉強ができる人ばかりです。ただこういうところにも少しは頭を回すべきではないのかなあと個人的に思うわけです。

ただ、こういうと自分がオフなんかをしてるのもダメじゃないか、と言われてしまうんじゃないかと思います。それに対する返答は僕にはどうも思いつきません。
強いて言えば、公開の場では個人情報を出していない、これくらいでしょうか。

何はともあれ公開した以上全ての責任は自分にあるわけですから、もう少し気を付けるべきではないのかなあと思っています、終わり!!
posted by BOSS at 18:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。